みらいブログ

2014.10.23

大きなビル

橋本 敬介

 弁護士業務についての講習を受けるため、東京に出張してきました。  講習は業務に直接役に立つ内容で、弁護士として日々研鑽することの重要性を感じました。  講習の帰りに、羽田に向かうモノレールの中から、東京の巨大なビル群を (以下略)

続きをみる

2014.09.22

大竹市制施行60周年

丸亀 日出和(2015年5月末に退所)

 大竹支所のある大竹市が平成26年9月1日に市制施行60周年を迎えました。  大竹市では、ロゴマークや大竹市イメージソングの作成をしているようです。   60周年PRロゴマークは、ハートで「60」の文字をかたどり、第五次 (以下略)

続きをみる

2014.09.12

弁護士と国境

二國 則昭

  医師などの医療従事者を構成員とする「国境なき医師団(MSF)」という国際的なボランティア団体があります。世界各地で紛争や自然災害により、人々が医療を受ける必要な事態になった場合に、駆けつけます。日本人も加入しています (以下略)

続きをみる

2014.08.22

被災された皆様へ

半澤 茜

 連日報道されている豪雨災害の様子を見るにつけ、心が痛みます。亡くなられた皆様へのお悔やみと、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。  本日も大雨警報等が出ており、住民の皆様や救助にあたっていらっしゃる方々のご無事をた (以下略)

続きをみる

2014.08.22

69回目の原爆の日

深田 健介

 平成26年8月6日、広島は69回目の原爆の日を迎えました。  今年は生憎の雨となりましたが、私も平和記念式典に参列しました。雨の中での式典は43年ぶりとのことです。  新聞報道では、被爆者(手帳所持者)は、平成26年3 (以下略)

続きをみる

2014.07.30

生活保護支援中国ネットワーク5周年記念総会

見之越 常治

 平成26年7月26日、生活保護支援中国ネットワーク5周年記念総会が、広島弁護士会館で開催されました。このネットワークでは、生活保護に関する相談を中国地方の弁護士や司法書士の法律専門家が受け付け、生活保護の申請同行を行う (以下略)

続きをみる

2014.07.17

大竹支所の勉強会(障害者総合支援法)

成廣 貴子

 先日、当事務所の大竹支所主催の勉強会に参加しました。  定期的(2か月に1回程度)に行われている勉強会には、主に広島県西部地域の社会福祉士や司法書士等の福祉に関わる方が参加しています。この日も20名以上の参加者がありま (以下略)

続きをみる

2014.06.11

自死・自殺問題と解決への取組み ~「まちかど相談」のご案内~

佐藤 邦男

 政府が、平成26年度自殺対策白書を公表しました。 http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2014/pdf/gaiyou/index.html  この報告書に (以下略)

続きをみる

2014.06.10

戻ってきました。

森井 基嗣

 私は、平成21年12月、広島みらい法律事務所に入所し、その後、平成23年3月に、真庭市で真庭ひまわり基金法律事務所を開設し初代所長を務めてきました。そして、任期満了により、本年5月、再び広島みらい法律事務所に戻ってきま (以下略)

続きをみる

2014.05.20

隣の木についての法律相談

橋本 敬介

 新緑が眩しい季節になりました。  さて、新緑が眩しいのは喜ばしいのですが、お隣さんの木の枝がうちの庭にまで伸びてきて困っているときは、自分で勝手に枝を切ってもよいのでしょうか。  民法233条第1項は、「隣地の竹木の枝 (以下略)

続きをみる
お問合せ 広島本所尾道支所 大竹支所