みらいブログ

New2018.09.18

豪雨災害相談を担当しています

佐藤 邦男

 平成30年7月豪雨災害では、中四国地方で多くの被害が出ました。  未だ、復旧・復興のさなかですが、当事務所の各弁護士も、広島弁護士会の一員として、電話相談や現地での面談相談を担当する等の活動をしています。  私も、尾道 (以下略)

続きをみる

2018.09.03

三原「やっさだるマン」

成廣 貴子

 三原市の公式マスコットキャラクター「やっさだるマン」をご存知でしょうか。  三原といえば、「やっさ祭り」「神明市(シンボルが大だるま)」が有名ですが、やっさだるマンのデザイン作者の方によれば、やっさ踊りを踊る日本一の大 (以下略)

続きをみる

2018.08.17

福祉関係者のための家族信託入門 シンポジウム

見之越 常治

 先日、当事務所が主催し「家族信託」をテーマとしたシンポジウムを開催しました。  シンポジウムでは、前半に元公証人として信託契約の公正証書も数多く作成されている遠藤英嗣弁護士に御講演いただき、後半は社会福祉士の松谷恵子さ (以下略)

続きをみる

2018.08.01

裁判手続等のIT化

定者 吉人

 政府は昨年6月、「未来投資戦略2017」を決定し、その中で、「迅速かつ効率的な裁判の実現を図るため、諸外国の状況も踏まえ、裁判における手続保障や情報セキュリティ面を含む総合的な観点から、関係機関等の協力を得て利用者目線 (以下略)

続きをみる

2018.07.03

趣味とは?

二國 則昭

 趣味は何ですか?と尋ねられた場合みなさまはどう答えられますか。  読書、切手などの収集、登山、旅行、スポーツ観戦、カラオケなどという答えが返ってきます。そこでは、自分の職業とは関係ないことが前提のようです。  ところで (以下略)

続きをみる

2018.06.15

優生保護法について

森井 基嗣

 優生保護法という法律があり、その目的には、「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する」ことが掲げられていました。そして、同法に基づいて、本人が「遺伝性精神病」「遺伝性精神薄弱」等であることや非遺伝性の「精神病又は精神 (以下略)

続きをみる

2018.06.01

スポーツと刑罰

橋本 敬介

 普段生活をしているなかで、人を殴ると、通常は暴行罪として刑罰の対象となります。  もっとも、ボクシングの試合で、選手が相手を殴っても、通常は刑罰の対象にはなりません。  どちらの場合も結論としては妥当に感じられますが、 (以下略)

続きをみる

2018.05.15

劇に出演しました!

半澤 茜

 4月29日、広島弁護士会主催の子どもの日記念シンポジウムが広島市青少年センターで開催されました。このシンポジウムは、私も所属している広島弁護士会子どもの権利委員会が1年掛かりで準備し、毎年ゴールデンウィーク前半に開催す (以下略)

続きをみる

2018.05.01

うどん県

見之越 常治

 先日、香川県高松市に、出張して来ました。  香川県は「うどん県」といわれるだけあって、高松市内にもうどん店がたくさんあり、ラーメン店が見つからないのは、ラーメンよりも、うどんが好まれるからなのでしょう。  高松市には、 (以下略)

続きをみる

2018.04.16

スペイン通りを歩きながら

深田 健介

 大竹支所での勤務開始から半年が経ちました。この間、多くの方にご相談いただき、また、地元の専門職の方々とも交流をもつことができ、充実した日々となっています。  ところで、大竹市に来てから気なっているのが、『スペイン通り』 (以下略)

続きをみる
お問合せ 広島本所尾道支所 大竹支所