みらいブログ

2016.02.12

野球について

川上 竜哉(2018年1月末に退所)

 私は、高校時代には硬式野球部に所属しており、決して強豪校ではありませんでしたが、当時は毎日野球に明け暮れていました。高校卒業後は、本格的に野球をすることはありませんでしたが、大学・大学院と暇を見つけては、友人とキャッチボールするなど野球との関わりは続けてきました。
 ところで、広島弁護士会には、オーリンズという名前の軟式野球部があり、監督及び選手全員が広島弁護士会に所属している弁護士から構成されています。私も弁護士登録後すぐにオーリンズに入部しました。オーリンズは、毎年開催される各弁護士会の野球部で行われる日弁連野球全国大会での優勝を目指して日々練習に励んでいます。なお、同大会においては、会員数の多い東京、大阪などの弁護士会のチームが強豪と知られていますが、オーリンズは、同大会の優勝経験のある数少ないチームの一つです。
 私は、前述のとおり弁護士登録後すぐに入部したものの、これまでは都合が合わず一度も参加できないでいたのですが、先日、とうとう念願のオーリンズへの参加が叶いました。最近では、滅多に体を動かすことが無くなり、オーリンズに参加するなら初回は単なる練習のほうがいいと考えていたのですが、当日はいきなりの練習試合でした。しかも、打順は2番で守備位置はサードと、重要なポジションを任されプレッシャーを感じてしまいました。ちなみに、オーリンズの監督は、軟式野球においてはサードが、守備機会が一番多く重要なポジションであるとの考えを持っているそうです。
 そんな緊張したデビュー戦での私の成績は、4打数3安打1打点と自分としては納得できる結果でした。もっとも、守備では、大チョンボをして敵チームに大いに貢献してしまいました。トータルでは、チームの足を引っ張ってしまったかもしれません。
 今回オーリンズにはじめて参加して思ったことは、監督及び選手全員が野球に真摯に取り組んでいるということです。例えば、オーリンズでは、試合開始前に選手全員で激しいアップをするなど、私が経験してきた草野球の中では考えられないほど本格的でした。私も、青春を取り戻すべくオーリンズの一員として野球に真摯に取り組みたいと思います。
 久しぶりに体を動かし爽やかな気分だったのは当日のみで、翌日から日頃の運動不足がたたり激しい筋肉痛となってしまいました。
 次は、攻守に渡って良いプレーを見せることができればと思います。

 

野球の写真

お問合せ 大竹支所尾道支所 広島本所