外国人の問題その他

日本でのより良い暮らしのために

  • 外国人であることを理由に、勤務先から差別をされている
  • オーバーステイだが、何とかして日本に残りたい
  • 離婚したいが、どのような手続をすればよいのか分からない
  • 逮捕されてしまったが、言葉が通じずこれからどうなるのか不安だ

などでお困りの方、弁護士にご相談ください。

外国人と法的トラブル

近年の国際化に伴い、日本で生活する外国人の方の数は増加しています。外国人の方々も日本で生活する間に、日本人同様に法的トラブルに遭遇することがあります。

しかし、外国人の方が法的トラブルに巻き込まれた場合、言語・文化の壁から、日本人同士のトラブルよりも更に困難な問題が生じることがあります。

当事務所では、外国人の方の権利擁護に取り組み、外国人の方の相談も積極的に受け付けています。必要な場合は通訳の手配も可能です。お困りの際は、お気軽にご相談ください。

在留資格

外国人の方が日本で生活するためには、在留資格が必要です。

在留資格の種類は法律で細かく定められており、それぞれ必要な書類を揃えて手続を行う必要があります。在留資格がない場合には、退去強制命令によって強制送還をされることになりますが、いわゆるオーバーステイ(不法滞在)の場合にも、特別な事情があれば在留特別許可が認められることがあります。

当事務所では在留資格に関するご相談のほか、不法滞在の方の在留特別許可の取得・強制退去命令の取消訴訟、難民申請など、日本で暮らしたい外国人の方の相談にお応えします。

民事・家事事件

一般的な民事・家事事件であっても、外国人の方が当事者となる場合には、言語の問題などから、交渉や手続の進行が難しい、ということも少なくありません。

国際離婚の場合には、日本法だけでなく外国法も問題となるため、どの国の法律を適用しどういった手続を選択するか、という問題や、子どもの親権の扱いなど、複雑で困難な問題が生じるため、弁護士のサポートが重要となります。

また、日本で働いている外国人労働者の方は、コミュニケーションの問題から自己の権利を主張しづらく、普通の日本人労働者よりも弱い立場に置かれることが多々あります。

当事務所では、外国人の方を当事者または相手方とする事件の相談についてもお受けしています。

刑事事件

外国人の方が逮捕・勾留された場合、日本法の手続を正確に理解することは難しく、捜査や公判の場においても、言語の問題から、被疑者・被告人の主張を正確に反映することは非常に困難を伴います。

当事務所では外国人の方の刑事弁護についても、積極的に取り組んでいます。

外国人の問題に関するよくある質問

お問合せ 大竹支所尾道支所 広島本所