契約書作成民事事件

トラブルを未然に防ぐには

  • 契約書を作りたいが、どういったものを作れば良いのか分からない
  • 契約書にサインを求められているが、サインして良いものかどうか分からない

などでお困りの方、弁護士にご相談ください。

契約書はどうして重要なのか

契約は書面でしなくても有効ですが、後日の争いを避けるため、契約の内容を書面化して、契約当事者双方が署名捺印し、お互いに1通ずつ保管するのが通常です。
契約書を作成することで契約の内容が明確になり、勘違いからトラブルが生じることを防ぐことができます。

また、仮に契約の存在や内容について争いが発生し、裁判になった場合には、契約書が証拠として極めて重要な意味を持ちます。

裁判所は特別な事情がない限り、契約書に書かれた通りの契約が成立したと判断するためです。

契約書を作成する上でのポイント

契約書を作成する上では、事前にどのようなリスク(代金を支払わない、商品に不備があった、営業上の秘密を漏らした、など)があるかを想定し、リスクへの対応策を条項として定めることが重要です。
また、万が一トラブルが生じたときに、どのような手続(裁判、仲裁など)を用いて解決するかという条項を定めておくと、トラブルが起きた後スムーズに対処ができます。

契約書の条項が法律に違反していないかどうか、自分にとって有利な条項なのかどうかといったことを判断するのはとても難しいことです。

弁護士は法の専門家としての観点から、あなたの目的に沿った契約書や法的文書を作成することができます。また、契約書についてのチェックやアドバイスもお受けしています。

契約書作成に関するよくある質問

お問合せ 大竹支所尾道支所 広島本所