医療過誤民事事件

医療過誤をなくすために

  • 医師が診断を誤ったために、治療が遅くなって悪化した
  • 他の医師から、通常の治療方法とは異なる、という指摘を受けた
  • 医師から治療方法について、十分な説明を受けなかった

などでお困りの方、弁護士にご相談ください。

医療過誤の問題の難しさ

ケガや病気をした場合、病院へ行って治療を受けますが、病院で必ず元通りの健康な体に治してもらえる事までは約束されません。
ですから、一般的な医療水準に従って、最大限の努力をして治療をしてもらいたい、というのが通常です。

ところが、医師から、治療方法について説明を受けても、その治療方法が一般の医療水準に応じたものであるかどうか、医学の専門知識がない人には、よく分かりません。

後から、別の病院で指摘されたり、他の患者さんの話と比較したりして疑問を持つことで初めて医療事故が生じたことに気づく、という点に医療過誤の難しさがあります。

弁護士への依頼

医師による治療行為が適切かどうかは、医学の専門的知識がない人には、分かりません。

そこで、弁護士に依頼し、弁護士が医学的専門的な過去の裁判例に照らして、あるいは自ら医学的な専門書を調査することによって、治療行為や医師の説明の適切性について調査します。

場合によっては損害賠償請求をすることも検討します。

裁判等の手続きについて

医師や病院に対する損害賠償請求の方法として、裁判をすることができます。

裁判以外の方法として、広島弁護士会の弁護士が仲介役を担う、医療ADRという裁判外の紛争処理手続きを利用することも可能です。

医療ADRのメリットは、裁判では多くの時間と費用を要するのに対して、費用も低く抑えられ、話し合いの手続きですので、時間が裁判に比べ短くて済むという点があります。

医療過誤に関するよくある質問

お問合せ 大竹支所尾道支所 広島本所