交通事故民事事件

交通事故、泣き寝入りする必要はありません。

  • 相手の主張する過失割合に納得がいかない
  • 損害賠償の金額が低すぎるのではないか?
  • 相手の加入する保険会社から示談の提案を受けたが、この内容で示談して良いか分からない

などでお困りの方、弁護士にご相談ください。

交通事故被害者が交渉で困る理由

交通事故を起こした加害者の多くは、加入している保険会社に連絡をして、損害保険会社の担当者に被害者との交渉窓口になってもらうことがほとんどです。

ところが、被害者については、自身の自動車保険を利用することは通常なく、加害者側の損害保険会社の担当者と直接、話し合いを行います。

しかし、被害者に交通事故に関する知識が乏しく、日常業務として交通事故案件を扱っている損害保険会社の担当者と対等に話し合いができなくて困る、というケースが多々あります。

過失割合と損害額

交通事故案件で問題となる点としては、大きく(1)過失割合と(2)損害額の2点が挙げられます。

(1)過失割合は、交通事故当事者の事故状況の記憶が一致せず、どちらがどのくらい悪かったのかということが不明確な場合に問題となります。

(2)損害額は、被害者の入院・通院期間の長短による慰謝料の額の算定や後遺障害が残っているのに後遺症として認定されず後遺症慰謝料の支払いが受けられない といった場合に問題となります。

後遺障害等級の認定に納得がいかない場合には、異議申立てを行うこともできます。

弁護士に依頼するメリット

交渉を行う場合でも、例えば過失割合が問題となる場合には、どのような証拠を集めれば良いのか、その証拠をどのように見れば良いのか、といったことを専門的な立場から吟味します。

損害額が問題となる場合であっても、過去の裁判例に照らして、どのような損害をどのくらい請求することが出来るのか、という観点から交渉するというメリットがあります。

他にも、後遺障害等級認定に対する異議申立てを行う場合、異議が必ず認められるわけではないため、異議申立てを行うか否か、行う場合にどのような資料を添付するのかなど、専門的な立場からの検討が可能です。

交通事故に関するよくある質問

お問合せ 大竹支所尾道支所 広島本所