債務整理・破産民事事件

借金問題は、法的解決が可能です。

  • 借金の取立や督促に悩んでいる
  • 給料が減り、ローンの返済が困難になった
  • 自己破産すべきか迷っている
  • 毎月、お金を借りないと生活できない
  • などでお困りの方、弁護士にご相談ください。

借金の減額・分割払いの交渉(任意整理)

 弁護士が債務整理の依頼を受け、その旨を業者に通知した場合、和解が成立するまでのあいだ業者からの取り立て・督促が止まります。

その後、法定金利に基づいて借金の残債務の金額を計算し、減額が可能な場合は、減額交渉や、依頼者の収入や生活状況から支払える内容で、一括や分割払いの交渉を行います。

破産・民事再生の申立

借金の減額交渉をしても、支払える見込みがないという場合もあります。
その場合、一度現在の生活をリセットして、借金がない状態からの再スタートを考えてみてはいかがでしょう。


生活が苦しくなりお金を返せないのに、それでもなお、返済を求め続けられるとなると、その生活からいつまでも抜け出せなくなります。
破産は、借金が返せなくなった現在の経済状態を見直し、借金のない状態で再び生活ができるよう定められた制度です。


また、破産で住宅を失いたくないという方は、民事再生の申立てという手段もあります。
裁判所が定めた再生計画に従って返済をしていくことになりますが、住宅ローン以外の借金の減額が可能となることから、きちんと返済をすれば住宅を失わずに借金をなくすことが可能となります。住宅ローンのない方でも、民事再生の申立は可能です。


このような手続きは、会社のような法人にもあります。経営が成り立たなくなって廃業したいが借金が残っているとか、経営を続けたいが現在の財務状況では難しいといった場合には、破産や民事再生の申立てといった手段があります。


破産や民事再生の申立てはご自身でもできますが、法的知識が必要な専門的な手続なので、弁護士に依頼する方が良いでしょう。

ヤミ金への対応

「ヤミ金」とは、無登録で貸金業を行っていたり、違法な金利で貸し付けていたり、違法な手段で取立てを行ったりする貸金業者を言います。

ヤミ金は、借りた本人のみならずその周囲の人を巻き込むなどの方法により、精神的に圧力をかけ、返済を迫ることがあります。
ヤミ金からお金を借りたことはなかなか他人に相談しづらいことではありますが、生活が破壊されてしまえば取り返しがつきません。


何らかの理由でヤミ金からお金を借りてしまい、返済を迫られ困っているという方は、弁護士に依頼をすることで、違法な請求を止めさせ、生活の破壊を防ぐことができます。

お問合せ 大竹支所尾道支所 広島本所